子どもの生活に合わせた家選びをするには

今住んでいる家ですが、
・どのようにその家に決めたのか、
妊娠中の妻と新しい住居を探しておりました。賃貸紹介の方を通じて
現在住んでいる家に住むにあたり、不動産会社を経営されている
社長に入居前の面接を受けました。入居者に一人暮らし方が多く、
静かに生活できる方を希望されていたとのことでしたが、
私の説明不足で将来家族が増えることを伝えていませんでした。
状況を説明したところ、快く承諾を戴き、入居する旨となりました。
・なぜその地域に住むことにしたのか
子供が生まれるため、防犯の面で安全・安心に住める地域を探しておりました。
また、以前住んでいた場所よりも最寄り駅までの距離が近いことと、
家からスーパーまでの距離が近かったのも決め手です。
・家賃は?部屋の広さは?
家賃は共益費込みで5万円、部屋の広さは2LDKです。
・住む前の家の期待
期待が持てたことに次の事が挙げられます。もともとが個人向けの部屋ですが、
台所の水回りとガスコンロを置く場所がしっかりしており、
調理器具の収納スペースもある程度ありました。そのため、
食事を自炊でやっていけそうでした。また、石油ストーブは使用できませんが
ガスの供給口とエアコンが設置されておりました。夏の暑さと冬の寒さを気にせず
快適に過ごせそうです。
ネットの回線が各部屋に用意されており、常にインターネットを使える環境にありました。
共用スペースには自動洗濯機と乾燥機が設置されており、梅雨の時期や冬場など
洗濯物が乾きにくい場合は便利そうでした。
・住んでみて気づいたこと
概ね快適に生活を過ごせましたが、建築されてから時間が経った建物のためか、
湿気が多く、カビが発生することがありました。大家の方にその都度相談したところ
すぐに対応して戴き、非常に助かりました。また、生活音が若干聞こえやすいと思います。
妻が出産後、子育てが始まりました。夜間の子供の泣き声や、成長して三歳くらいの
「やから」が始まる時期など大きな音を立てる事がありましたが、他の住居者の方から
苦情が出ることもなく生活できました。(今では子育てにご協力戴いていたのだと
思い至り、感謝しております。)
・次回の家選びについて
子供が成長して、今の家で暮らすには多少狭くなってきたので今住んでいる場所の近くで
より広い家を選びたいと思います

Separator image .

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です